スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10歩:月一の報告になってしまっていますが。

先月終わりから今日に至るまで、
進んだ内容はフレームワークとして基盤を作り固め、
そしてプロトタイプに追いついた後、戦闘を形だけ作り始め、もうすぐ終わるところです。

フレームワークと言われると、わたしがイメージするのは、
ゲームのフレームワークならば、もちろんゲームに必要な機能をそろえていて、
そして気にしなければいけないことが少ない、と言うことです。

とりあえず、

・フレームワークの機能としてあるクラスは、可能ならばシングルトンにしておき、
そのクラスは放って置いてもフレームワーク側が、ゲーム終了時に勝手に消してくれる。

・ゲーム起動中にスクリーンセーバーが動いたり、Vistaであれば管理者権限の
プログラムを開こうとして確認画面を出したりすると、デバイスがロスとしてしまうので、
復旧をして支障が出ないようにする。

・フルスクリーンモードとウィンドウモードを実行中に変えられる。

と言うような機能をつけてみました。

一つ目は、シングルトンではポインタを受け取るための関数をつくり、
使う側にはそれを呼び出してもらいます。
これをすると、 new を使うときより解放を忘れやすくなるんじゃないかと思い、
解放の部分をフレームワークで自動化みました。

二つ目と三つ目は、WindowやDirectGraphicsデバイスをもつクラスがフレームワークにある以上、
フレームワークで対処しなければいけないと思ったので、実装してみました。


この一ヶ月、作業を進めながら考えていると、わたしはやっぱりシステムの方が、
作業をしていてよく頭が回る気がしました。

たとえば、上のようなフレームワークの部分であったり、
ゲームでは同じ動作をするけど、使いやすくて汎用性もある処理だったりと、
そんなものを考えていると、楽しかったりしました。

今後、もしかしたらそちらの方に力が入っていくかもしれません。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

堀

Author:堀
ゲームプログラマーを目指して、
卒業制作をして行こうと思います。

↓メールアドレス(画像)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。